SPK-8011の第I / II相試験:血友病AのAAVを介したFVIII遺伝子導入後の初期用量コホートにおけるABRの大幅な改善を伴う、2年を超える安定した耐久性のあるFVIII発現
ISTH 2020仮想会議のハイライト

SPK-8011の第I / II相試験:血友病AのAAVを介したFVIII遺伝子導入後の初期用量コホートにおけるABRの大幅な改善を伴う、2年を超える安定した耐久性のあるFVIII発現

L.ジョージ1,2、E。アイスター3、M。ラグニ4、S。サリバン5、B。Samelson-Jones1,2、M。エヴァンス3、A。マクドゥーガル6、M。カラン6、S。トンプキンス6、K。ワクテル6、D。Takefman6、K。リープ6、F。ミンゴッツィ6、P。モナハン6、X。アンゲラ6、K。ハイ6

1フィラデルフィア小児病院、フィラデルフィア、アメリカ合衆国

2ペンシルベニア大学ペレルマン医学部、フィラデルフィア、アメリカ合衆国

3ペンシルベニア州立大学ミルトンS.ハーシーメディカルセンター、ハーシー、アメリカ合衆国

4ピッツバーグ大学医療センターおよび西ペンシルベニア血友病センター、米国ピッツバーグ医学部

5ミシシッピ先端医療センター、米国マディソン

6Spark Therapeutics、フィラデルフィア、アメリカ合衆国

主要なデータポイント

SPK-1向けに設計された第2相試験には、8011種類のベクター用量のうち1種類を注入した患者が含まれていました:3x511 vg / kg(5e11、n = 2)、1x1012 vg / kg(1e12、n = 3)、および2x1012 vg / kg(2e12、n = 9)。 適格な患者は、中等度(n = 1)から重度(n = 13)の血友病A(FVIII:C≤2%)、キャプシドLK03に対する中和抗体のレベルが低いか検出できない、および因子への曝露が150日を超える成人男性でした。阻害剤の病歴はありません。 患者は1年間綿密に追跡され、最大4年間の長期追跡が計画されていました。

SPK-14を注入された8011人の患者のうち、最高用量(2e2)を注入された12人の患者は、FVIIIの安定した発現を維​​持しませんでした。 安定した発現を示す12人の患者は、出血事象が91%減少し、因子の使用量が96%減少したことを示しました(図示せず)。

5段階のアッセイに基づくと、低用量コホート(11e1、グラフの参加者2および1)および中用量コホート(12e3、グラフの参加者5-5)の患者のFVIIIの発現は、長期にわたって25%〜2%でした。 3.3〜XNUMX。XNUMX年の長期追跡期間。

関連性のあるコンテンツ

インタラクティブなウェビナー