血友病B患者および既存の抗AAV5 NABを使用したNHPでの単一AAV5-hFIX治療後に達成された治療的hFIX活性

血友病B患者および既存の抗AAV5 NABを使用したNHPでの単一AAV5-hFIX治療後に達成された治療的hFIX活性

分子療法:方法と臨床開発 (05/27/19)。 アンナ・マジョウィッツ; ナイメイジャー、バート; ランペン、マーギットH。 等。

既存の免疫がアデノ随伴ウイルス(AAV)ベースの遺伝子治療の有効性に悪影響を与える可能性があるため、AAVベースの遺伝子治療の多くの臨床試験では、既存の中和抗体(NAB)に対する患者を除外していますカプシドタンパク質。 Miesbach et al。 (Blood、2018)は、血友病Bの成人男性060人におけるAMT-5(AAV10-hFIX)の安全性と有効性について以前に報告しています。治療前に、これらの男性はすべて、抗AAV5 NABに対して陰性であると判断されました緑色蛍光タンパク質ベースのアッセイ。 現在の研究では、研究者は、AMT-5研究参加者およびAAV060で治療された非ヒト霊長類(NHP)の有効性の結果に対するより高感度(ルシフェラーゼベース)アッセイを使用して測定される既存の抗AAV5 NABの影響を評価しました-hFIX。 ルシフェラーゼベースのアッセイを使用して、AMT-3研究の10人中060人の患者が、既存の抗AAV NAB(力価は最大1:340)で陽性であるとテストされました。 ただし、既存のNABの存在とAMT-060遺伝子導入後のhFIXレベルとの間に相関は認められませんでした。 この知見は、既存の抗AAV5 NAB力価の存在がhFIX肝形質導入に悪影響を与えなかったNHPからの結果によって裏付けられました。 進行中のAMT-061試験(AAV5-hFIXパドヴァ)では、抗AAV5 NABの患者は除外されていません。 実際、著者らは、治療前の抗AAV3 NABのレベルが低い5人の患者が、AMT-061治療後に有意なhFIXレベルを有していたと報告しています。

ウェブリンク