血友病Bの遺伝子治療のための臨床候補AAV3ベクターの開発
ASGCT第23回年次総会のハイライト

血友病Bの遺伝子治療のための臨床候補AAV3ベクターの開発

ハリソンブラウン1、クリストファー・B・ドーリング1、ローランドW.ヘルツォーク2、陳玲3、David M. Markusic2、H。トレントスペンサー1、Alok Srivastava4、アルン・スリバスタバ5

1小児科、エモリー大学、ジョージア州アトランタ

2インディアナ医科大学小児科、インディアナポリス、インディアナ州

3遺伝子工学、復旦大学、上海、中国

4血液学、クリスチャンメディカルカレッジ、ベロア、インド

5フロリダ大学ゲインズビル、フロリダ大学小児科

主要なデータポイント

血友病Bの最初の成功した臨床試験で使用されたFIX発現カセット(scAAV8-LP1-FIX-WT-CO、赤)と現在の研究で使用されたもの(scAAV3-HSh-TTR-Padua-FIX)の構造の比較-LCO、青)。 LP1からHSh-TTRへのプロモーターの最適化により、発現が2〜3倍増加し、パドヴァバリアントに対するコドン最適化により、発現が3〜3倍増加し、8〜40の全体的な発現増加がもたらされました。折る。

明るいルシフェラーゼ形質導入阻害アッセイ(BL-TIA)を使用した連続DFPPサイクルのある患者とない患者の結果。 連続したサイクルは、Nab力価の低下において、非連続的なサイクルよりも効果的でした。 回帰分析では、5サイクルで開始時のAAVS3 NAb力価が94%減少し、患者の60%の治療が可能になることが予測されました。

関連性のあるコンテンツ

インタラクティブなウェビナー