血友病A犬モデルにおける長期追跡後のアデノ随伴ウイルスベクター持続性の特徴
EAHADの第14回年次総会のハイライト

血友病A犬モデルにおける長期追跡後のアデノ随伴ウイルスベクター持続性の特徴

P.バティ1、S。フォン2、M。フランコ3、I。ギルファリーナ3、C.‐R。 シン2、A。Mo1、L。ハーペル1、C。ハフ1、D。Hurlbut1、A。ペンダー1、A。ウィンターボーン4、M。シュミット3、D。リリクラップ1

1カナダ、キングストンのクイーンズ大学病理学および分子医学科

2BioMarin Pharmaceutical、ノヴァト、アメリカ合衆国

3GeneWerk GmbH、ハイデルベルク、ドイツ

4アニマルケアサービス、クイーンズ大学、キングストン、カナダ

主要なデータポイント

AAV-FVIIIDNA分布の肝内差異

この研究では、8匹の犬がBドメインが削除された犬のFVIIIAAVコンストラクトで治療されました。 中央値10.8。5.7年の追跡後、応答した(n = 6)犬でXNUMX%の安定した平均FVIIIレベルが見られました。 AAV-FVIII DNAは、治療反応に関係なく、すべての犬の肝臓で検出されました。 上のグラフは、複数の肝臓サンプル/領域からのAAV-FVIIIコピー数を示しています。 一部の犬は、調査した地域に関係なく、同様のAAV-FVIIIコピー数(ELIおよびFLOなど)を示しましたが、他の犬(JUNなど)では、より顕著な変動がありました。

主に犬のゲノムの非コード領域で発生した統合イベント
左側の表は、研究に含まれる8匹の犬の用量、最終FVIIIレベル、および統合部位(IS)の数を示しています(用量列の色分けはAAV血清型、黄色= AAV2、ピンク= AAV6、シアン= AAV8を表します。 * =応答しない犬)。 統合頻度の中央値は9.55e-4IS /細胞であり、ISの大部分(93.8%)は犬のゲノムの遺伝子間領域で発生しています。 最も一般的な統合サイト(CIS)は、KCNIP2、CLIC2、ABCB1、F8、キモストリプシノーゲンB1様、およびアルブミンの近くにありました。 右のグラフは、各動物のISの相対分布を示しています。 すべての動物で統合イベントが発生したにもかかわらず、死後の肝腫瘍は見つかりませんでした。

関連性のあるコンテンツ

インタラクティブなウェビナー