免疫抑制による導入遺伝子耐性の破壊

免疫抑制による導入遺伝子耐性の破壊
血友病の新規技術と遺伝子導入に関するNHFの第16回ワークショップのハイライト

免疫抑制による導入遺伝子耐性の破壊

Valder R. Arruda、MD、PhD
小児科准教授
ペンシルベニア大学ペレルマン医学部
細胞分子療法センター(CCMT)
フィラデルフィア小児病院

主要なデータポイント

ATGの投与のタイミングと導入遺伝子に対する免疫応答

ベクター投与の1週間前にミコフェノール酸モフェチル(MMF)で前処理し、ベクター投与の日からラパマイシンで前処理した非ヒト霊長類(NHP)の研究では、T細胞免疫抑制(ウサギ抗胸腺細胞グロブリン、rATG)の投与が実証されました。 AAVベクターを併用すると、FIX抗体が発生し、Th17 / Treg比が増加しました(左パネル)。一方、AAVベクターの5週間後にATGを投与すると、FIX抗体がなくなり、Th17 / Treg比が低下しました(右パネル)。

要約:特定の標的枯渇リンパ球および/またはタイミング

この一連の研究を要約すると、Treg細胞の減少を最小限に抑えた免疫抑制は、FIX導入遺伝子の発現に対する肝臓を介した免疫寛容を確保するために最適です。 NHPでは、MMFとラパマイシンによる前処理とそれに続くrATGの遅延投与は持続的な免疫寛容を提供できましたが、ベクター注入時に投与されたrATGまたはダクリズマブはそうではありませんでした。

関連性のあるコンテンツ

インタラクティブなウェビナー
画像

Please enable the javascript to submit this form

バイエル、BioMarin、CSL Behring、Freeline Therapeutics Limited、Pfizer Inc.、Spark Therapeutics、およびuniQure、Inc.からの教育助成金によってサポートされています。

エッセンシャルSSL