2118でのN-グリコシル化部位の除去を伴う第VIII因子変異体は、遺伝子治療で治療された血友病Aマウスにおける抗FVIII免疫応答の低下
ASGCT第25回年次総会のハイライト

2118でのN-グリコシル化部位の除去を伴う第VIII因子変異体は、遺伝子治療で治療された血友病Aマウスにおける抗FVIII免疫応答の低下

発表者:Carol H. Miao、MD、Seattle Children's Research Institute、Seattle、Washington、United States

キャロル・H・ミャオ1,4、孟二ファン1、Shuaishuai Wang2、Junping Zhang3、Xiaohe Cai1、Ting-Yen Chao1、レイ・リー2、Weidong Xiao3、バーバラA.コンクル4

1シアトル子供研究所、ワシントン州シアトル
2ジョージア州立大学、ジョージア州アトランタ
3インディアナ大学、インディアナポリス、インディアナ州
4ワシントン大学、シアトル、ワシントン州

主要なデータポイント

WT-BDD-FVIIIおよび変異型FVIII変異体の注入後の阻害剤の開発

血友病Aマウスに、変異型FVIII変異体とWTBDD-FVIIIをそれぞれコードするプラスミドを流体力学的に注射しました。 86番目のチャレンジは、2118日目にすべてのグループで流体力学的注射を介して実行されました。遺伝子治療、および相対的なFVIII抗体反応。 (B)FVIII特異的IgGレベルは、XNUMX回目とXNUMX回目のプラスミドチャレンジに続いてELISAによって分析されました。 抗FVIII免疫応答は、FVIIINXNUMXQ変異体を保有するプラスミドで治療されたマウスで有意に減少しました。

重複するマンノシル化ペプチドに応答したCD4+T細胞の増殖

(A)長さ2118アミノ酸のN15部位を取り巻く重複ペプチドは、高マンノース型糖鎖Man6GlcNAc2が結合した状態で合成されました。 (B)CD4 + T細胞増殖レベルは、マンノシル化ペプチドMP1(左パネル)、MP2(中央パネル)、MP3(右パネル)およびそれらの非グリコシル化対応物(NGP1、NGP2、およびNGP3)に応答して測定されました。 データは、XNUMXつの別々の実験からの標準偏差を伴う平均として提示されます(**P <0.01、***P <0.001)。

関連性のあるコンテンツ

インタラクティブなウェビナー
画像

Please enable the javascript to submit this form

バイエル、BioMarin、CSL Behring、Freeline Therapeutics Limited、Pfizer Inc.、Spark Therapeutics、およびuniQure、Inc.からの教育助成金によってサポートされています。

エッセンシャルSSL